MENU

若者ニキビとは違う!?気になる大人ニキビの原因

原因1 女性ホルモンの乱れ

大人ニキビの原因の一つは女性ホルモンの乱れにあります。その女性ホルモンとはエストロゲンとプロゲステロンの2種類で、特にエストロゲンは美肌ホルモンと呼ばれる程に肌と深い関係があります。
この二つは女性特有の生理や妊娠によって大きく乱れてしまいます。妊娠中は肌の調子が良くなる時期もありますが、初期や産後はホルモンが乱れて肌荒れに繋がることも…。

 

また定期的に訪れる生理の前ではどうしても女性ホルモンが乱れてしまいます。女性ホルモンの乱れは肌の生まれ変わり周期や水分量、皮脂量を分泌させるバランスを崩します。

 

また、普段はエストロゲンによって強化されている肌のバリア機能も女性ホルモンの乱れによって効果を発揮できません。これによって肌が荒れ、ニキビができてしまうというわけです。

 

原因2 乾燥肌、バリア機能低下

大人ニキビの原因として考えられる要因に乾燥肌と、それに伴うバリア機能の低下があります。肌の乾燥に良いイメージを持つ方はあまりいらっしゃらないでしょう。

 

まさにその通りで肌は乾燥することにより角質が厚くなる、皮脂が余計に分泌される、バリア機能が低下するなどのトラブルが発生します。

 

これらの原因によって乾燥肌に大人ニキビが発生!乾燥肌の人は肌のバリア機能が低下し、これによって皮脂が大量に分泌されます。

 

すると毛穴が塞がれ、そこへ皮脂がたまる現象が起こってしまいニキビができてしまうのです。また乾燥というと冬のイメージがありますが、夏も紫外線や室内外の温度差によるダメージは肌の乾燥を招きます。

 

季節によってそれぞれ対策を施し、肌のバリア機能を保つことで細菌や外部刺激の攻撃から肌を守ることはとても大切なのです。

 

原因3 毛穴のつまり、汚れつまり

毛穴が詰まり・汚れがニキビの原因にもなります。この毛穴つまりが起こるにはいくつかの原因があります。

 

一つは汚れの詰まり、そして女性ホルモンの乱れや肌の生まれ変わり周期であるターンオーバーの乱れによるものです。これらが起こることで角質が厚くなり、本来なら皮脂が出て行くはずの毛穴を塞いでいくのです。

 

毛穴の奥には皮脂を分泌させる皮脂腺があります。ここから皮脂が分泌されて肌の表面を調整するわけですが、出ていけない皮脂は毛穴の中に貯まる一方…。

 

そこへ細菌が繁殖してしまい、ニキビができていくのです。汚れの詰まりは洗顔で多少は改善できるかもしれませんが、角質が詰まってしまうと根本的な改善が必要となるでしょう。

 

しかし、女性ホルモンや肌のターンオーバーをセルフケアだけで改善することは簡単なことではありません。

 

>>『ラ・ミューテ美肌セット』で今すぐニキビ予防!